上宇部のプロフィール

 

 中国地方9ヶ国の大名だった毛利氏は、関が原の戦い以後、領土を周防・長門の2ヶ国に縮小されました。その後の知行替えで、福原氏が寛永2年(1625)に寒村だった宇部の領主として配置され、上宇部中尾に邸を構え治世を始めるようになってから、上宇部は政治・経済の中心としての役割を持つようになりました。

 延徳元年(1489)に創建された教念寺は、万治3年(1660)、福原家により現在の地を賜り再建され、「阿弥陀仏を信じればすべての人が救われる」という浄土真宗の教えによる信者の増加で、人々が大勢お参りするようになると「市」がたち、門前町として賑わってきました。当時の幹線道路も、山門~寺の前~梶返~岬に続く南北道路と床波浦~今村~黒岩~開~山門~寺の前~宇部本川(現在の真締川)を超えて小串・藤曲へ続く東西道路が交差し交通の重要な位置を占めていました。

  

 また、教育の面では、天保年間(1840年頃)に郷校として中村に晩成舎を設け、後に現在の福原邸跡に菁莪堂を開設し家臣の教育機関としましたが、越後公は、元治元年(1864)4月に維新館と改称し、文武の教育を振興しました。

明治5年(1870)、学制が公布されると翌年には、宗隣寺を仮の校舎として小学校が開かれ、その後、教念寺に移りましたが、明治7年、中尾に宇部で最初の小学校が新築されました。

 大正9年(1920)には、村立の宇部中学校(現在の宇部高等学校)が開校しました。

現在では、校区内に宇部工業高等専門学校、山口大学工学部があり、文教地区としても環境良好な地域です。 炭鉱で働く人たちの流入による明治後半からの急激な人口増加に伴い、大正10年(1921)、宇部村は一躍宇部市となりました。

 宇部市民の産土神として、信仰の厚い琴崎八幡宮へ通じる参宮通りは、かって石炭を港まで運んだ津出し道を基盤としており、宇部で初めて石炭を運んだ蒸気機関車が走った道でもあります。

 

 このように「宇部発祥の地」としての誇りをもちながら、現在人口約14,000の住民は「地域はひとつの大家族」をスローガンに、心豊かな住みよいコミュニティづくりに積極的に取り組んでいます。